セキュアなCI/CDパイプラインの構築: AWS CodePipelineとCodeBuildを活用したベストプラクティス

この記事では、AWSのCodePipelineCodeBuildを使用して、セキュアで信頼性の高いCI/CDパイプラインを構築するためのベストプラクティスについて紹介します。これは、中堅エンジニアにとって非常に役立つ情報であり、現代のソフトウェア開発の分野で必須となっています。この記事を読むことで、AWSのCodePipelineとCodeBuildを使用したCI/CDパイプラインを構築する方法について学び、セキュアな開発プロセスを確立することができます。

1. CodePipelineの構成

AWS CodePipelineは、ソフトウェアのビルド、テスト、デプロイ、リリースを自動化するためのサービスです。CodePipelineを構成するには、以下の手順に従います。

AWS CodePipeline(継続的デリバリーを使用したソフトウェアのリリース)| AWS
AWS CodePipeline は、コードチェンジがある度に、リリースプロセスの構築、テスト、デプロイの各フェーズを自動化します。

1.1. ソースステージの設定

CodePipelineの最初のステージは、ソースステージです。このステージでは、ソースコードをリポジトリから取得します。CodePipelineは、GitHub、AWS CodeCommit、Amazon S3など、さまざまなソースコード管理システムに対応しています。

ポーリングパイプラインを推奨される変更検出方法に更新する - AWS CodePipeline
ソースの変更に対応するためにポーリングを使用するパイプラインがある場合は、推奨される検出方法 ( GitHub をソースとするパイプラインにはウェブフック、そして Amazon S3 をソースとするパイプラインには Amazon CloudWatch Events) を使用するようにパイプラインを更新できます。

1.2. ビルドステージの設定

ビルドステージでは、CodeBuildを使用して、ソースコードをビルドし、テストを実行します。CodeBuildは、ビルドプロジェクトを設定する必要があります。ビルドプロジェクトでは、使用する言語、フレームワーク、環境変数などを定義できます。

AWS CodeBuild(継続的スケーリングによるコードのビルドとテスト)| AWS
自動スケーリングによるコードの構築とテストが可能で、使用した構築分のみを支払います。

1.3. デプロイステージの設定

デプロイステージでは、CodeDeployを使用して、ビルドされたアプリケーションをデプロイします。CodeDeployは、Auto Scaling Group、Amazon EC2、Lambda関数などのデプロイ先をサポートしています。

AWS CodeDeploy(コードデプロイを自動化してアプリのアップタイムを管理)| AWS
AWS CodeDeploy を使用すると、新しい機能をすばやく簡単にリリースできます。また、アプリケーションのデプロイ時のダウンタイムを回避し、アプリケーションの複雑な更新を処理できます。

1.4. 統合ステージの設定

統合ステージでは、CodePipelineを使用して、すべてのステージを結合し、デプロイメントを完了します。CodePipelineは、各ステージの状態を確認し、エラーが発生した場合には自動的に中断します。

2. CodeBuildの設定

AWS CodeBuildは、ビルドとテストを実行するためのフルマネージドサービスです。CodeBuildを使用して、ビルドプロジェクトを作成し、ビルドステージで使用することができます。

2.1. カスタムAMIを使用する

CodeBuildは、Amazon Linux 2をベースにしたデフォルトのビルド環境を提供していますが、セキュリティ上の理由から、カスタムAMIを使用することをお勧めします。カスタムAMIを使用することで、より細かい制御が可能になります。AMIには、ビルドに必要なパッケージやツールがインストールされており、ビルドプロセスを高速化することができます。

CodeBuildでECRのカスタムイメージを利用する - DENET 技術ブログ

2.2. ビルドログの暗号化

CodeBuildは、ビルドログをS3に保存します。デフォルトでは、このログは暗号化されていません。セキュリティ上の理由から、ビルドログを暗号化することをお勧めします。CodeBuildでは、KMSを使用して、ビルドログを暗号化することができます。

データの暗号化 - AWS CodeBuild
暗号化は CodeBuild セキュリティの重要な部分です。一部の暗号化 (伝送中のデータの暗号化など) はデフォルトで提供されるため、特に操作は不要です。その他の暗号化 (保管時のデータの暗号化など) については、プロジェクトまたはビルドの作成時に設定できます。

2.3. IAMロールの設定

CodeBuildは、IAMロールを使用して、ビルドプロジェクトにアクセスします。ビルドプロジェクトには、ビルド時に必要なAWSリソースにアクセスするための権限が必要です。セキュリティ上の理由から、最小限の権限でビルドプロジェクトを実行することをお勧めします。IAMロールを設定することで、必要な権限だけを与えることができます。

3. その他のセキュリティ上の考慮事項

3.1. パスワード管理

CodePipelineとCodeBuildには、パスワード管理の仕組みがあります。パスワードは、AWS Secrets Managerを使用して保存することができます。AWS Secrets Managerを使用することで、パスワードを暗号化し、アクセスを制限することができます。

CodeBuild 用の AWS Secrets Manager を使用したプライベートレジストリのサンプル - AWS CodeBuild
このサンプルでは、プライベートレジストリに保存されている Docker イメージを AWS CodeBuild ランタイム環境として使用する方法を示します。プライベートレジストリの認証情報は AWS Secrets Manager に保存されています。CodeBuild では任意のプライベートレジストリを使用できます。...

3.2. ネットワークセキュリティ

CodePipelineとCodeBuildは、VPC内で実行することができます。VPCを使用することで、セキュリティグループやネットワークACLを使用して、アクセスを制限することができます。また、プライベートサブネットを使用することで、外部からのアクセスを制限することができます。

3.3. 環境変数の管理

CodeBuildでは、環境変数を使用して、ビルドプロセスに必要な情報を渡すことができます。環境変数には、シークレット情報が含まれることがあります。セキュリティ上の理由から、環境変数を暗号化することをお勧めします。CodeBuildでは、KMSを使用して、環境変数を暗号化することができます。

3.4. テストの実行

CodeBuildを使用して、ビルドプロセスの一部としてテストを実行することができます。テストを実行することで、品質の高いコードをリリースすることができます。また、セキュリティ上の問題を発見することもできます。

まとめ

この記事では、AWSのCodePipelineCodeBuildを使用して、セキュアで信頼性の高いCI/CDパイプラインを構築するためのベストプラクティスについて紹介しました。

CodePipelineを使用することで、ソースコードの自動化されたビルド、テスト、デプロイ、リリースを実現することができます。

また、CodeBuildを使用することで、ビルドプロジェクトをカスタマイズし、セキュリティを強化することができます。

最後に、その他のセキュリティ上の考慮事項についても紹介しました。これらのベストプラクティスに従うことで、セキュアで信頼性の高いCI/CDパイプラインを構築することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました